2019年03月22日

一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢マヨ醤油味

一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢マヨ醤油味ポン酢の酸っぱい味って、麺に合うのか?

かなり大きな疑問を持ちながら味見してみる。
一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢マヨ醤油味

どう考えても合う筈が無いと思いながら味見してみたら、意外と酸味が弱くて、ポン酢には全く及ばない酸味。
このぐらいの酸味であれば、普通に食べることが出来るし、柑橘系の酸味なので、普通に食べられる。

だからといって、何度も食べたいと思う味ではないけど。




ラベル:明星
posted by CAT at 00:00| 大阪 ☁| 汁無しインスタント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

一平ちゃん夜店の焼そば:太麺甘濃ソース

一平ちゃん夜店の焼そば:太麺甘濃ソース太麺は過去にもあったが、あまくて濃いソースを特徴としているらしい。
いつもと、大きくは違わないと思うのだが?
一平ちゃん夜店の焼そば:太麺甘濃ソース

たしかに、あまい。
しかし、それ以上にスパイスがきいている。
このスパイスは単なる胡椒ではなく、唐辛子系の辛さも感じる。
それ以上に美味しいと思わせてくれる味は存在しなかった。




ラベル:明星
posted by CAT at 00:00| 大阪 ☔| 汁無しインスタント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

天洋:カレーヌードル

天洋:カレーヌードル
税込:¥830

天洋:カレーヌードル

他のメニューが「〇〇ラーメン」という命名なのに、何故かこのメニューだけ「ヌードル」になっている。なんで?

色が濃く、とろみが少ないスープで、太平縮れ麺。
スープの味は、カレー粉の割合が多いみたいで、辛さが強い。
但し、唐辛子の辛さではなく、カレー粉の辛さだ。
丼の底には、小さく解れた肉が入っていたので、実際に長い時間をかけて煮込んだカレーをベースにしているようだ。

麺を食べる時、モヤシが麺に絡んで一緒に口に入るので、面白い食感になっている。
また、麺の量は少なく感じた。




ラベル:天洋
posted by CAT at 00:00| 大阪 ☔| ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

UFO:スパイスカレー

UFO:スパイスカレー先日のどん兵衛と同時発売のカップ焼きそば。

似た味の筈だけど、どう違うか確認してみたい。
UFO:スパイスカレー

どん兵衛とは明らかに違う味。
出汁で薄めたカレーか、ソースと合わせたカレーかの違いらしい。
今までのUFOカレー味と比べてみると、ちょっとだけ味が尖っているかも?
同時に食べ比べてみなければ、よく判らない程度の違いしかないと思う。




ラベル:日清
posted by CAT at 00:00| 大阪 | 汁無しインスタント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

どん兵衛:スパイスカレー

どん兵衛:スパイスカレーカレーうどんも、カレーラーメンも、なんとなく飽きているのだが・・・

まぁ、大阪でスパイスカレーが流行っているから、味見してみよう。
どん兵衛:スパイスカレー

最近のどん兵衛うどんのツルツル麺。
サラサラのスープは、通常のカレーの味より、辛さが目立つ味。
スパイシーカレーって、単純に辛さが強いカレーって意味か?

玉子(みたいな物)が意外と美味しい。




ラベル:日清
posted by CAT at 00:00| 大阪 ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

花京:のりそば

花京:のりそば
税込:¥850

花京:のりそば

中華麺と細麺を選択可能だったので、中華麺を選択した。

出されてビックリ!
てっきり、スープに大量の海苔が解かされているのを想像していたら、普通にトッピングされただけの海苔が姿を現した。
しかも、店員から「中華麺と細麺から選択可能」と説明され、中華麺を指定したのに、細麺で出された。
私の後に入店した人には、麺の選択を再確認していたから、きっと、私が選んだ麺と違う麺で出してしまったことに気付き、次の客には再確認して徹底したんだと思う。
まぁ、麺を間違ったぐらいで「作り直せ!」と言って騒ぐつもりはないので、そのまま食べたのだが、当分の間、この店から足が遠ざかるのは間違いないだろう。

肝心の味だが、メニューにはカッコ書きで(とんこつ)と表示してあったのに、出されたスープは豚骨醤油だった。
しかも、醤油がかなり強くて、醤油辛い。
味の濃さを指定可能であれば、もっと薄くしてもらいたい味だが、メニューに味の濃さの指定は書かれてないので、指定できないのだろう。




ラベル:花京
posted by CAT at 00:00| 大阪 ☀| ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

北海道ジンギスカン風やきそば

北海道ジンギスカン風やきそばジンギスカンは、かなり個性的な風味の肉だ。

インド調理店でラム肉のカレーを食べるのは好きだが。

北海道ジンギスカン風やきそば

作る途中で、ソースを入れる時からマトンの香りが漂う。
キャベツが少なめで、肉もマトンではなさそうだ。
しかし、「油っぽい」というのが、正直な感想。
マトンが関係するから、油っぽくなるんだろうか?
他メーカーの製品で、凄く油っぽいキャラメルが、マトン風味だったのを覚えている。




ラベル:ペヤング
posted by CAT at 00:00| 大阪 | 汁無しインスタント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

好麺たまらん:まぜそば

好麺たまらん:まぜそば
税込:¥850

好麺たまらん:まぜそば

太平麺で、醤油ベースのタレ、あま辛くて脂が多い。

モヤシの多さや麺の多さが、とっても二郎系だが、味は似ていない、マイルド。
生タマネギと生ニンニクが辛くて、舌にピリピリしていて、タレのあまさと中和してくれる。
また、チャーシューが蕩けそうに柔らかい。

好麺たまらん:まぜそば

食べ終わった後、器には大量の液体が残った。
これは、液体だけを味見してみた後で写したものだが、液体の多くは背脂だった。
そこにマヨネーズや醤油タレが混じっている。




ラベル:好麺たまらん
posted by CAT at 00:00| 大阪 ☔| 汁無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

四川式汁なし担々麺

四川式汁なし担々麺汁なし担々麺は、元々四川発祥だと思うんだけど、態々「四川式」と表示する意味があるんだろうか?
四川式汁なし担々麺

ねっとりしたタレが麺に絡んだタイプの汁無し担々麺だ。
挽肉が多いと嬉しいのだが、所詮はインスタントなので、これ以上を望むのは無理だろう。
不美味ではない。




ラベル:東洋水産
posted by CAT at 00:00| 大阪 ☀| 汁無しインスタント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

肉麺ひだまり庵:肉肉まぜそば大

肉麺ひだまり庵:肉肉まぜそば大
税込:¥950

肉麺ひだまり庵:肉肉まぜそば大

味は、「こってりしょうゆ」と「塩レモン」から選択可能なので、「こってりしょうゆ」を選んだ。

太麺は普通で、あまくてこってりしたタレは、コラーゲンたっぷりだ。
トッピングの肉の量が凄くて、麺が見えない。
薄切りチャーシューや、角切りチャーシュー(極太、2.5cm角ぐらい)と共に、鶏たたきがトッピングされている。
鶏チャーシューでなく、鶏たたきで良いのか?

豚肉のレアチャーシューは、ピンク色をしているが、ピンクの部分も透明感が無くなっているので、火は通っている。
しかし、この店の鶏たたきは、内側部分に透明感があるので、生だ。

しっかり混ぜて食べるように云われたのだが、卵黄がある部分と無い部分で、味は大きくは違わなかった。
魚粉は、濃度が濃いと魚粉の味がするが、全体に対しての大きな影響は無い。
それぐらい味が濃いのだが、決して辛くはなくて、あまい。




posted by CAT at 00:00| 大阪 | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする